注目を浴びているチタン印鑑

チタンイメージ

印鑑の歴史は古く、その材料も石や木など様々ありますが、印鑑を作る材料として、最近特に注目を浴びているのが、チタンと呼ばれる金属です。
ピカピカとして、とてもきれいな金属です。
その美しさから装飾品に使われたり、丈夫さから骨や歯の代わりに使われることもあり、近年特に注目を集めている金属です。

このチタン製の印鑑の最大の特徴は、硬い、平らな面でもくっきりとした印影を残せること!
印鑑で印を押すときには、よく下にマットなどを敷いたりしますが、チタン製の印鑑に限ってはその必要がありません。
チタンはとても朱肉の色離れがよく、金属ですから、厳密に平らな面を作れるので、平らな硬い面でもはっきりとした印影が残せるのです。すごい金属です。

また、有機質の木や象牙などと違い、欠けたり変形したりすることが殆どありません。
世界で一番強い金属と言われたこともあるほど強い金属です。

また金属であるにもかかわらず、金属アレルギーを起こすことも無く、錆びることもありません。
そのため、骨の代わりに体内で使われることもあるのです。

他の金属に比べてとても軽いのも特徴のひとつです。
朱肉を吸って変色、変質することも無いので、いつまでも同じ印影を残し、半永久的に使うことができます。
ただし、他の材質に比べて材質自体が高価な上、加工も難しいので、値段は高く、加工にも時間がかかってしまいます。
どんな材料から作るにしても、自分に一番あった印鑑を作ることが大切ですね。

ページの先頭へ